papercompany&kinax TOP > しょーがないじゃ しょーがない > 三丁目の夕日を観て、昔は良かったと言うなっ。

三丁目の夕日を観て、昔は良かったと言うなっ。

2008年09月15日

少年犯罪は、昔の方が多いのよーんっ。
G-Satujin.gif


映画「三丁目の夕日」の全篇に溢れている夢と人情に、
素直に目頭を熱くもするが・・・
経済成長の止まった平成のこの時代に、
あの頃の憧憬にどっぷりつかって思考停止することには、いささか反発を覚える。
ぽっちゃん便所のあの時代に・・・
昭和37年生まれの私は、戻りたいとは思わない。



あの昭和の時代は、ほんとに良かったのか。
義理と人情に溢れ、少年犯罪も、何もなかったのか。


下記は、東京タワーが完成した昭和33年に起こった未成年殺人事件の抜粋である。


昭和33年5月12日「中学2年生がカッとして幼児殺人」
広島県で、中学2年生(14)が男の子(6)を殺害した。男の子が造っていた砂山を蹴飛ばしたため悪口を言われ、カッとして頭を竹で突いて転倒させて失神させた。処置に困って林に運んだが、まだ生きていると気づいてこれ以上苦しまないように殺そうと石で頭を殴ったもの。これまでも些細なことでカッとして幼児3人を殴ったりしていた。父親は戦死して、母親に育てられていた。


昭和33年10月2日「17才が片思いの幼なじみを駅で惨殺」
福島県伊達郡の保原駅ホームで、土木作業員(17)が高校3年生女子(17)を電車から引きずり出してシノ(とび職の道具)で首を数回突き刺した。血まみれの手を洗って煙草を吸ってから倒れている女子の周りをうろうろして「警察を呼べ」とわめき、「これでもか!思い知ったか!」と叫びながらさらに20数回めった刺しにして殺害、その場で逮捕された。夜のラッシュ時で大勢の乗客や駅員がいたが誰も留めようとはしなかった。
隣り同士の家で小中学校の同級生。貧しい家庭の5人兄妹の3男で、中卒後は各地で出稼ぎをしてたが、たびたび帰郷して女子への想いを募らせ、酒に溺れて自殺未遂もしていた。オート三輪を親に買ってやるため貯金していた4万円を渡して、二度と戻らないつもりで家を出たが、電車でたまたま登校中の女子を見て、帰宅を駅で待ち伏せて好きだと告白したが相手にされなかったため逆上したもの。取り調べにも煙草を吸って平然としている。女子は成績優秀、美人で評判だった。

残念ながら、今も昔も変わらない。
いやっ、正確に言うと、昭和の頃の方が、少年犯罪は多かったのだ。
少年犯罪データベースhttp://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htmによると、昭和30年代後半には、年間400件近くあった未成年の殺人犯検挙数が、平成18年には、73件。少年人口(10~19歳)10万人当りの比率で計算すると、2.0であったものが0.59へと減っている。
「三丁目の夕日」の街で起こる未成年の殺人犯罪率は、現在の3倍以上なのである。

狂う子供は、今も昔も居るっ。
結局、体感している治安っていうのは、いい加減なもので・・・
大部分が実体験ではなくマスコミによってもたらされているのではないかっ。

日本は、治安が悪くなった。
凶悪犯罪が増えたと騒いでいるが・・・
日本殺人認知件数
S30 3,066
S35 2,844
S40 2,379
S45 1.989
S50 2,024
S55 1.684
S60 1,780
H01 1,308
H05 1,233
H10 1,388
H15 1,452
H18 1.309
H19 1.199 
日本の犯罪統計によると、その殺人件数は、年々減少している。


人口10万人当たりの殺人発生率を見ると、日本が、0.62人。アメリカは、その約10倍の6.8人。お隣の韓国は、約2.5倍の1.62人。南アフリカに至っては、約120倍の75.3人だ。


日本は、親殺し、子殺し=「家庭内殺人」が増えたと騒ぐが・・・
殺人発生の総数が減れば減るほど、
面識のない人間同士の殺人数が大きく減少していき、
自然と、家庭内殺人比率が数字上、上昇していくというわけで、
「家庭内殺人」の総数そのものが増えているわけではない。
むしろ減っている。


世界一というほど殺人発生率は少ないのに、
世界一というほど殺人事件を報道する国が、日本というわけだ。


少年犯罪を、ゲーム体験等によるバーチャル世代の犯罪とマスコミは決めつけるが・・・
私達自体が「異常殺人ばかり」というマスコミの作り出したバーチャルにはまっているという認識を持った方が健全である。



マスコミは、「日本は悪くなっていると言った方」が、視聴率がとれる。
実質的利益は、「現在を悪とした方」が効率的にとれる。
そういう原理だけで、昨今の昭和ブームが動いているのではないかと懸念する。




そう輝いてもいない21世紀の現在。
「右肩上がり」の成長は、もう期待できない。
その中で、輝くであろう21世があるから美化できた昭和30年代を、
手放しで賞賛し、「昔は、良かった・・・」「いまの若い者は・・・」というのは、
いささか、大人として無責任であるっ。

日本は、決して、犯罪大国ではない。
交通事故も、犯罪件数も、全部減っている。
増え続けているのは、
「犯罪の報道の量」と「大人たちの未来なき悲観論」と「自殺者」だっ。
現在が悪なのではなくて、それを見る目、伝える手が、悪になったのだっ。
かつての貧しさや不幸を是とせず、
これからの貧しさや不幸を想像もせず、
他人事のように、現在の貧しさと不幸を糾弾するっ。

現在の日本に足りないのは・・・
自分は、これからも貧しい人間になりうることがありうるという想像力。
自分も、犯罪の加害者になりうることがありうるという想像力。
「平凡に生きる」ことへの寛容だっ。

「昭和三十年代主義」浅羽通明著の中に、
呉智英氏の昭和30年代評が掲載されている。
「豊かさが国民の間に広がり、しかしそれが退廃にならない程度に貧しさが精神を引き締めていた時代だった」「人生を打ちのめし、社会を破壊しつくすほどの不幸ではない程度の、小さな不幸が人間や社会に陰影を与えていた。それが昭和30年代の魅力である」と。

映画「三丁目の夕日」の街は、
日本的な共同体をセーフティーネットとする、
適度な貧しさを含む安定した世の中であり・・・
そこに住まう家族達は、
けなげに、平凡に生きることを喜々として受け入れているのだっ。


昭和ブームに、学ぶべきことは、
「昔はよかった」なんて憧憬=退行ではなく、
隣にある、そして、自分にも降りかかるであろう適度な貧しさや不幸への共感であり。



マスコミがつくる「のっぺりとした正しいだけの世界」ではなく、
小さな不幸や貧しさが精神を引き締めている陰影ある社会への理解であるっ。

未来を提示しないままの、過去の美化は、思考の停止だっ。



これからの世の中は、
小さな不幸や貧しさを抱えて生きる覚悟をしなきゃいけなくなることを、
これからの若い人達に教えてあげなくちゃいけない。
「昔は良かった」なんて思い出に浸る前に、
その分際に会った幸せの抱きしめ方を教えてあげなくちゃいけない。
それが、昭和を生きた私達・大人の役割だと思うっ。

執筆者: 中村修治/へそ社長