papercompany&kinax TOP > ぎょーむ日報 > 流行語大賞

流行語大賞

2011年11月24日

先日発表された流行語大賞を見て、思ったこと。



イカン、全然分からん!
こんな言葉ほとんど使ったことないよ、って言葉ばかりでした。


「おねえキャラ」とかは使った事ありそうですが、


あげぽよ~


とか、さすがに言いませんよねぇ?

私なんかが会社で


「君、きゃわゆいネェ~」


とか言ったら、こいつは本当にバカなんだな!
と、間違いなく白い眼で見られるでしょう。


ただ、よく見ると、変な言葉に紛れて

「がんばろう日本」や「計画停電」

など,今年初めに起こった東日本大震災を連想させる言葉が見られます。
なんか、これらの言葉をこんな風に


「今年の流行語!!」


みたいに文字だけで挙げられると、


あの災害はもう過去の思い出、昔のこと。


そんな印象も受けて、少し戸惑いを感じます。
決してそんな意味を込めている訳では無いはずですが、
文字だけの力って、ある意味残酷に感じました。
無機質というか、なんというか。


自分の仕事も、ある意味そうやって人に何かを伝える仕事なので、
うまく自分の思いが伝わるような文章を書きたいな!
っと思います。


ぽぽぽぽーん

これも流行語らしいのですが、いつ使えばいいんでしょうか??