papercompany&kinax TOP > ぎょーむ日報 > タクシー運転手に憧れて

タクシー運転手に憧れて

2011年12月20日

昨日書いたインターネットの工事ですが、
土曜日まで延びました…
そりゃないよ。

工事の方から、
「残りの工事は土曜日になります…」
そう告げて、
そそくさと工事の方が帰って行きました。


ちょーど
友達から電話が掛かって来たんですが、
落ち込むと、口数が減ってしまう私。
電話に出る元気なかったんで、
居留守使ってしまった…
スマン。


意外とおしゃべりなのが、
タクシーの運ちゃん!


先週末、友達と飲み行く約束だったので、
夕方いざ出掛けようとしたんですが、


寒い!


外を歩きたくない、って事で、
タクシーで西通りへ。


渡辺通を走ったんですが、
車が多い多い。
タクシーの運ちゃんの話では、
週末は県外から来る人も多くて、
渋滞しやすいとの事。


確かに県外ナンバーがチラホラ。
その日はEXILEのコンサートも重なり、
いつもより車が多いのか、
本当に進みません。


時間に余裕もあったし、
寒い中降りて歩きたくなかったんで
運ちゃんと世間話して、時間を潰すことに。


意外と話し好きな方だったので、
会話も弾み、
「時間かかったから、料金はここまでで良いよ!」

と、
天神南辺りでメーターも止めてくれる運転手さん。


優しいくて、
話しやすくて、
料金もサービスしてもらって、
今日はラッキーだな〜


良い人に乗せてもらって、
ゴキゲンだったんですが、
メーター止めた辺りから、
運転手さんの発言が過激になってきたんです!


「○○ナンバーは下手くそバッカですもんね!」
「あーもう、さっさせんかぁ。」


なんて物事をハッキリ言うでしょう。
この発言を聞いて、
ビックリや嫌な思い、
と同時に、少し感心してしいました。


初めて会った人(一応お客)の前で、
堂々と人の悪口を言える運転手は色んな意味ですごいな!
と。


この人なら、
インターネット工事の人を、怒鳴り散らすに違いない。


私は怒鳴るどころか、
ショックが大きくて


「あ、はーい」


しか、言えませんでした。

はぁー
この腑抜け野郎め。