papercompany&kinax TOP > kinakoのPR日記 > 短歌

短歌

2012年06月20日

友達の子どもの写メが、増えていく。まだメモリーに余裕はあるわ。



本棚の並びでわかる性格を、たまに愛しく感じられる時


そばを手で食べる子どものちらかしを食べる母の愛情を知る


ぐぅーっと音が鳴るまで待ってから、食べる夜中のあんこトースト


年齢をいつの間にかに追い越したコナンとルフィとナナとナナと




自分の中で、最近、出来事を短歌にしてつづっておいています。
少しでも、今の日常を覚えているように。


1日1短歌を。


短歌をよむと気分が少し乙女っぽくなるので、最近男性ホルモンの分泌が多くて困っているわたしに最適。


あと自分のやりたいことを口に出すようにします。




私の夢はミステリーハンター。年齢制限ないからチャンス。
(字余りな夢)

執筆者: anamiho