papercompany&kinax TOP > しょーがないじゃ しょーがない
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  | 全件表示 (全122件)

おやじはギャルに学べっ。 2009年06月19日

女子中高生のなりたい職業に「キャバクラ嬢」がランクインされているというニュースが流れたのは最近のことだ。その現象を、バカな話だと一笑に付していいのか?ニッポンのギャル文化の底力について考えてみる。

おやじはギャルに学べっ。

『友達の友達』の友達の友達は? 2009年06月15日

「友達の友達」がアルカイダであると宣った鳩山大臣が更迭された。
自民党の右往左往も、都市伝説化しそうな気配だ。
それにしても、「友達の友達」という微妙な関係から発信される物語には、こうも伝播力があるのだろうか?

『友達の友達』の友達の友達は?

スタバより、喫茶室ルノアール論。 2009年06月01日

何年ぶりだろう・・・先日、東京出張の際に、新宿西口の喫茶室「ルノアール」を利用させてもらった。打ち合わせまでの時間潰しで入っただけなのだが、何故か、すごく落ち着いた。
スターバックスの成長が鈍化する中で、おなじみ喫茶室ルノアールに、、、伸びしろがある気がした。

スタバより、喫茶室ルノアール論。

敢えて「I ラブ さだまさし」。 2009年05月24日

今月の全日空の機内音楽チャンネルでは、さだまさしがヘビーローテーションされている。出張の帰りに、「雨やどり」「朝刊」「案山子」を不覚にも聞いてしまった。そして、ソフトバンクのCMのさだまさしも気になるが、この時代「さだまさし的なるもの」が求められていると確信した。

敢えて「I ラブ さだまさし」。

たった2年と2ヶ月で♪ 2009年05月14日

2年と2ヶ月。約800日。
恋愛でも、ビジネスでも、その期間には、意味がありそうなのだ。
気になるっ。

たった2年と2ヶ月で♪

ハチロク世代っ。 2009年05月12日

今年の新入社員である『ハチロク世代』は、ビジネス的に、何かやらかしてくれそうな予感がある。
かつて「新人類」と呼ばれていた40半ばのおっさんは、実は、その世代の動きが、とても驚異だし、気になっているのだ・・・。

ハチロク世代っ。

きっと、何もかもが違うっ。 2009年05月02日

先週、麻生内閣の新経済対策の一つとして、アニメやマンガ、ゲームの「殿堂」の創設に文化庁が乗り出したというニュースが流れた。総工費117億円。血税が投入される。
これに、断固反対である。
「政府と漫画」は、そもそも相容れない。

きっと、何もかもが違うっ。

マス広告は、スルーされているっ。 2009年05月01日

日本の社会に、「情報流通」というコトバが世間に流通しはじめたのは、1998年あたりだったと記憶する。1999年7月のNTTの新体制スタートでは、「グローバル情報流通産業」を目指すと宣言。あれから10年が経ったわけである。

マス広告は、スルーされているっ。

とりかえしのつかない名前っ。 2009年04月21日

「とりかえしつかないことの第一歩 名付ければその名になるおまえ」と詠んだのは俵万智さんである。
社会全体に、とりかえしのつかない第一歩を踏み出したようなネーミングが氾濫していると感じているのは、どうも私だけではないようだ。

とりかえしのつかない名前っ。

「良い読み手」になれっ。 2009年04月15日

なぜビジネスメディアの情報は、朝礼のネタ程度にしかならないのか?
なぜコンサルタントやプランナーの書いた書類は、現場に響きにくいのか?
BtoBビジネスで行き交うコトバについて、考えてみる。

「良い読み手」になれっ。