papercompany&kinax TOP > しょーがないじゃ しょーがない
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  | 全件表示 (全122件)

「ヘンタイよい子」にトドメを刺そう。 2009年01月05日

もう~広告業界は、ぎゅうくつじゃぁ。
1.gif
「80年代は専門職として磨かれたコピーライターが発信していたが、今は経営も広告も全体的に把握する『棟梁』が(作り手)に求められている。」この言葉は、糸井重里さんが、昨年春の「広告批評」休刊宣言のニュース時に朝日新聞に寄せたコメントである。


2009年、いよいよ広告屋の肩書き=職能の再編が必要になってきたのだ。
その『棟梁』待望論中身について考察してみる。

「ヘンタイよい子」にトドメを刺そう。

黙って座ればピタリと当たる? 2009年01月05日

黙って触ればピクリと動く。
070510_1033~001.jpg


「黙って座ればピタリと当たる」。
そんな霊媒師や占い師がいたなら、混迷を極める2009年をいかに生きるべきかを聞きたいところ。
でも、「黙って座ればピタリと当たる」には、カラクリがある。
いやいや、努力と言うべきか・・・。
そこには、厳しい時代を乗り切るテクニックがある。学ぶべき事が多くある。
神社→おみくじ→占い 新春三部作のファイナルである。


黙って座ればピタリと当たる?

『お墓めぐり』人気がキタぁー! 2009年01月05日

お墓の前では、みんな仲良し。
2dc5a9cd.jpg


中高年層の間で「お墓めぐり」が、人気らしい。
都内の霊園を巡って歴史上の人物に想いを馳せる。
NHKの大河ドラマ「篤姫」の影響もあるらしいのだが。
この人気は、たぶん永続的に続くと思う。
『お墓詣り』は、きっとトレンドになる。

『お墓めぐり』人気がキタぁー!

Happy New Year!大大吉! 2009年01月02日

今年は、大大吉である。
2008%2C12%2C29%20036.jpg


正月である。あけおめである。
初詣に行って「おみくじ」を引く機会もあろうかと思う。
不景気が加速すると言われる新年。
果たして、大凶なのか、大吉なのか・・・気になるところ。
今年のはじめは、大大吉の予測である。


Happy New Year!大大吉!

反戦×男はつらいよ=『こち亀』論。 2008年12月24日

こち亀がこっちこちやでー。
200px-Statue_of_Kankichi_Ryotsu.jpg
知るヒトは少ないと思うが。国民的漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の作者・秋元治さんの実質的デビュー作は、『平和への弾痕』というベトナム戦争末期のアメリカ軍部隊を描いた反戦漫画である。物語は、極限状態にあって己の信念のために戦うものたちを、命の儚さ、戦争のむごさを通して描いている。


反戦×男はつらいよ=『こち亀』論。

「徹子の部屋」のガチ伝説。 2008年12月23日

トットちゃんは、ガチンコである。
vol26.jpg


ご存じ『徹子の部屋』。
黒柳徹子が司会を務めるテレビ朝日系列で放送されているトーク番組である。
1976年2月2日スタートというから、来年で33年目を迎える長寿番組。
あの妙な間の対談には、黒柳徹子さんのこだわりが営々と守り続けてこられたのだ。

「徹子の部屋」のガチ伝説。

「正しい大人」とは何か? 2008年12月21日

こういうのが「良い大人」じゃないか、ええじゃないか。
sshinnon1.jpg


大人は首尾一貫していないといけないのか。
アイデンティティーは、ひとつでなくてはいけないのか。
ハローワークで、大人の正論を吐くのが首相の役割なのか。
良い大人って、どういうことだろうか。考えてみた。

「正しい大人」とは何か?

正月前だし~。神社ネタだし~。 2008年12月20日

土地返せぇぇぇぇぇぇっ。
P1020427_m.jpg


もういくつ寝るとお正月♪みんなこぞって初詣である。
そこで、年始に向けて、神社のマーケティングについて考えてみた。

正月前だし~。神社ネタだし~。

「宿便」対「アラフォー」。 2008年12月17日

うんこ、うんこ、言うなっ。
20050724_4.jpg


「アラフォー」の宿敵は、「宿便」であるという、そんな健康の話しではない。
今年の流行語大賞になった「グー」や「アラフォー」と「宿便」という言葉の力と市場性について考えたみたい。よーく考えてみると・・・流行語大賞って、そもそもあんまり価値がないなぁーって、話しでもある。

「宿便」対「アラフォー」。

ハブとマングースっ! 2008年12月14日

強いぞっ、マングースっ。
habu%26man.jpg


先週末から、某プロジェクトで沖縄に行ってきた。
同行した農学博士から、沖縄についての結果が裏目のプロジェクトXについてお話を聞いた。
それは、2000年の沖縄サミット時の自粛から、動物愛護団体の圧力を受けすっかり見ることができなくなった「ハブとマングース対決」だ。
そこには、いまの日本の縮図がある。

ハブとマングースっ!